知っておくべき!ゴルフのドライバーの飛距離アップ&OB撲滅にはこの動画が効果的!

知っておくべき!ゴルフのドライバーの飛距離アップ&OB撲滅にはこの動画が効果的!

ゴルフのドライバーの飛距離アップ&OB撲滅にはこの動画が効果的!

 

 

さて、突然ですが質問です。あなたの得意クラブは何ですか?
ここでドライバー!と元気よく答えていただいた方はひとまず置いといて・・・。そうでない方、今回はあなたの得意ではない『ドライバー』について飛距離アップとOB撲滅を目指して、役立ちそうなネタをご用意しました。

 

●ティーショット、スライスしてOBだけは何としても避けたい!
●飛距離アップにはヘッドの重みを感じつつ、確実に体重移動。
●ドライバーの飛距離アップ、プロはどうやって練習しているの?

 

この3つのラインナップでお伝えしていきます。

 

 

●ティーショット、スライスしてOBだけは何としても避けたい!

 

何が一番落ち込むって、はりきってドライバーを持って打った1番ホールのティーショットが右OB。いきなりキャディーさんに「フォアー!」と言われてしまうと、もう情けなくて仕方ありません。

 

これを防ぐためには簡単に言えば体は右を向かず、スイングも右方向に振らなければいいのです。でもそう簡単には体は動いてくれませんよね。

 

そこで、とにかく今すぐ!確実にスライスOBだけは練習なしに防ぎたいという方に最適な動画をご紹介します。

 

 

【ゴルフレッスン】5秒でできるスライスしないスイング軌道! (tdgolf2009)

 

 

 

この動画のとおりに打つと、右足を後ろに引いて打つわけですから、確実にインサイドアウト軌道になり右OBは防ぐことができます。更に右足を引くとフックボールを打つこともできます。
ただ、右足を引いて打ちますので恰好のいいアドレスではありません。
例えば特設ティーがないホールでのティーショット打ち直しや、前のホールでも右OBをしてしまったときなど失敗を続けれない場面でのレスキュー用として覚えておくといいのではないでしょうか。

 

 

●飛距離アップにはヘッドの重みを感じつつ、確実に体重移動。

 

さて、ドライバーでの右OBを防ぐとりあえずの方法がわかったところで、次は飛距離アップです。
いったい何をすればよいのでしょうか?

 

私の場合、飛距離アップかつ腰のスウェイを防止するために野球の素振りのように一本足でアイアンを2本まとめてフルスイングする、というのをラウンド前の練習に取り入れています。

 

これをすると、ヘッドの部分をかなり重く感じますので無理なくスイングをするには確実に腰から回していかないと、振ることができません。

 

また、一本足で左足を踏み込みながら振りますので両足へのチカラの配分もわかりやすいかと思います。

 

一般的な方法なので読者の皆様の中にも試されている方は多いかもしれませんね。

 

 

●ドライバーの飛距離アップ、プロはどうやって練習しているの?

 

では実際にプロゴルファーはどのように飛距離アップの練習をしているのでしょうか?
今回は40代を超えても活躍を続ける宮本プロがドライバーの飛距離アップについて「ヘッドとボールを離す」「ヘッドは地面から浮かせて構える」「右かかとを早めに上げる」の3つのポイントで解説をされている動画をご紹介します。

 

 

【Enjoy!Golf】宮本勝昌が教える「飛距離アップの秘策」編(SankeiNews)

 

 

 

この動画では右かかとを早めに上げる=左足での踏み込みが飛距離アップの秘策になるということを含んだ内容になっています。

 

また、ヘッドは地面から浮かせて構えることによりダフり防止にも役立ちそうですよ。

 

それでも頭が動いてしまうと、どうしてもダフりますので頭を動かさない、というのは最低限必要です。私はいつも誰かに頭を支えられているイメージを持ったままクラブを振る、というのを心がけています。

 

 

いかがでしたでしょうか。
今回の内容をぜひ試していただいて、飛距離アップとOBの撲滅につながることを願っています。
得意クラブがドライバー、と私も言えるようにまずは宮本プロの動画チェックからやってみようと思っています。

 

 

 

ゴルフのスコアアップはスイング動画チェックがまずは基本!

 

 

 

 

こちらのサイトもおすすめです。

 

今話題のゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の秘密とは?