分かりやすい!初心者の最適なゴルフクラブ選び!ドライバー編動画

分かりやすい!初心者の最適なゴルフクラブ選び!ドライバー編動画

分かりやすい!初心者の最適なゴルフクラブ選び!ドライバー編動画

 

 

ゴルフクラブは大きくウッドとアイアンに分けられます。テイーショット等で使用するウッドの中でもっともボールを遠くに飛ばせるクラブがドライバー(1W)です。今回は初心者を対象にドライバーの理想のクラブ選びを説明していきます。

 

1 初心者の最適なクラブ選びの考え方
2 各種クラブの仕様の説明(ヘッド形状、シャフト長さ、硬度など)
3  最適なクラブ選びとは、戦略的なクラブ選び

 

以上の内容で説明していきます。

 

 

初心者に最適なクラブ選びの考え方

 

初心者に最適なクラブ選びの考え方としては、当たり前の事であるが、「打ちやすく、標準的な仕様のクセの無いクラブ」を選ぶことです。デザインや色などの外見で判断したり、間違っても憧れだけでプロモデルを選ぶような事は避けましょう。まずは標準的なアベレージ向けのドライバーを選択するのが無難です。
では実際に各機能別で説明していきます。

 

 

ヘッド形状

 

ヘッドは慣性モーメントが高いクラブを選びましょう。芯を外しても、ミスショットが軽減されますのでおすすめです。形状としてはフェースが横に広く浅いものが慣性モーメントが高い傾向にあります。こちらはメーカーホームページ等で確認しましょう。形状には「洋梨型」「三角形」「四角形」「五角形」など様々なものがありますが、ポイントは慣性モーメントが高く、構えた時に違和感の少ない形状が良いでしょう。

 

 

"慣性モーメント=物体が回転を始めるのに必要な力の量"

 

分かりやすい!初心者の最適なゴルフクラブ選び!ドライバー編動画

 

慣性モーメントが大きくなれば 回転させるのに大きな力が必要になるから 回転し難くなり、ドライバーの向きがぶれにくい。

 

 

シャフトの長さ

 

初心者向きの仕様としては、長さは44〜45インチで良いでしょう。(女性の場合は42〜43)46インチ以上は遠心力を多く使えるので、飛距離は伸びますが(1インチ変われば5ヤード近くの差がある)代わりに芯に当てるのが長くなれば難しくなります。
プロ選手でも45〜46インチが主流です。

 

 

シャフトの硬さとキックポイント

 

シャフトの硬さですが、柔らかい順にR→SR→S→Xと定義されています。基本的にはヘッドスピードで概ね決定します。初めはRもしくはSRを選びましょう。ただし野球経験等があり、体力および筋力に自信のある方は、Sを選んでもらって結構です。(最近はヘッドスピードなどゴルフ用品店にて試打をする事で簡単に計測できます)
最近は特に経験者の間で純正のシャフトを“カスタムシャフト”と呼ばれる、専門のメーカーのものに交換するのが流行っています。確かに相性が良ければドライバーの性能を上げ、飛距離や方向性が格段に良くなる効果がありますが、まだまだスイングも固まっていない初心者の内に手を出すのはおすすめできません。まずは基本のクセの少ない純正シャフトをおすすめします。
次にキックポイントです。キックポイントとは「シャフトの最もしなる位置」の事です。種類としては

 

@ 手元調子(ゆっくり振る人向きで弾道の打ち出し角が低い)
A 先調子(早く降る人向きで、打ち出し角が高い)
B 中調子(手元と先調子の中間の位置)

 

    以上の3種類が主なキックポイントです。こちらも迷わず「中調子」を選択しましょう。

 

 

 

 

フェース角

 

最後はフェース角です。フェースがターゲットより左を向いているのが“オープンフェース”、正面を向いているのが“スクエアフェース”左を向いているのが“クローズドフェース(フックフェース)”、と呼びます。これは基本的には自分の球筋のクセによって選びますが、初心者の頃はなるべく基本のスクエアフェースを選びましょう。ただし初心者向きのクラブは“フックフェース”が多いのが実状です。ここは極端なフック形状でなければ、問題ないでしょう。フックフェースは球の捕まりが良くなるので初心者にはオープンフェイスよりは向いていると言えます。

 

 

分かりやすい!初心者の最適なゴルフクラブ選び!ドライバー編動画

 

 

最適なクラブ選びとは、戦略的なクラブ選び

 

以上の説明をふまえて、初心者に最適なクラブの仕様をまとめると下記のようになります。

 

分かりやすい!初心者の最適なゴルフクラブ選び!ドライバー編動画

 

 

この仕様は初心者である、あなたがスイングを上達していく過程において現状最適なクラブ仕様のはずです。

 

そして気をつけて欲しいのが、最近はゴルフ用品店などでドライバー購入前に試打をすると、コンピュータでクラブとの相性を解析してくれます。店員も最適なクラブをフィッテイングしようと、色々な商品を勧めてきます。ただし気をつけてください。まだまだ初心者でスイングが固まっていない状態で解析しても、おそらく応急処置的にクセのあるクラブを勧められる可能性があります。これはあなたがスイングを向上させていく上でクセのあるスイングを定着する恐れがありますので、あくまで試打では形状やクラブ重量などの感覚的な判断だけにしておいてください。現状逃避的なクラブ選択ではなく、将来を見据えた戦略的なクラブ選びをしていきましょう!

 

ではあなたにとって最適なクラブに巡り会える事を祈っております。

 

 

 

ゴルフのドライバーの飛距離アップ&OB撲滅にはこの動画が効果的!

 

 

 

 

こちらのサイトもおすすめです。

 

今話題のゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の秘密とは?